JOB

営業職

 営業職で採用となった場合には、販売局、広告局といった営業部門や、総務や経理などの管理部門に配属になります。最近では、ひとつの局にとどまらず、複数の部門を経験する社員も増えています。

―広告局

 新聞広告は各種の調査で、「企業の取り組みや姿勢を伝えるメディア」として評価され、道民の信頼を得ています。記事と同様、道民生活に欠かせない大事な情報源として、暮らしに身近な催し物の告知や案内からテーマ別に取り組む大型特集まで、多方面で活用されています。広い広告スペースを生かして、大胆なデザインや色使いができるのも、新聞広告ならではの大きな特色です。また、商品PRやキャンペーン告知なども、新聞の持つ媒体特性を活用し詳細にお届けしています。

 新聞広告はもちろん、北海道新聞社のホームページ「どうしんウェブ」内のバナー広告や特集ページ、道新グループのテレビ・ラジオ局と連携し、さまざまな角度から情報をお届けする「クロスメディア」にも取り組んでおり、広告主の皆様に活用していただいています。また、広告という情報を発信するだけでなく、シンポジウムや企業説明会の開催、さっぽろ雪まつりなど各種イベントへの協力など、活動は幅広い分野に及んでいます。

 北海道新聞社では札幌本社をはじめ、函館、旭川、釧路など道内8支社に営業拠点を置き、それぞれの地域に根ざしている広告主のご要望にお応えするため、日々きめ細かな営業活動を行っています。道外では東京、大阪に支社を置き、全国展開する企業の北海道における営業活動をお手伝いしています。

 仕事内容として外勤・内勤部門があり、外勤部門では、広告主を訪問したり、広告会社と連携し、営業活動を行います。内勤部門は、広告の掲載日や面を決めて掲載内容を審査し、紙面に配置する作業や、売り上げの管理などを行います。入社後は内勤を経験した後に外勤に移るケースが多いです。

広告局 社員インタビュー

営業職
室蘭営業部
大佐和 惇

営業職
函館支社営業部
隅田 まなみ

営業職
広告局
三上 祥

―販売局

 北海道新聞の朝夕刊と道新スポーツは、全道約590の販売所から約2万人の配達員が毎日、ご家庭や職場にお届けしています。あわせて花新聞、釣り新聞などの関連媒体や各種取り扱い新聞、出版物、主催事業のチケットなどもお届けしています。

 全道に張り巡らされた販売所網は、配達や集金時を活用した防犯PR、高齢者見守り活動を行っています。また、ミニコミ紙発行、古紙回収、全戸配布を含むチラシ等のデリバリー業務など、きめ細かな活動を通じて、皆さまのお役に立つ地域の総合センター=サービス拠点網を目指しています。

 販売局の仕事内容として、内勤・外勤部門があります。入社後は、販売所に日々配送する新聞部数の増減やその請求などの管理業務、読者向けの懸賞や毎月発行している「ポケットブック」(趣味や料理をテーマとした読者向けサービス冊子)を企画・制作する内勤業務を経験します。その後は外勤として20店前後の販売所を担当する「外勤担当員」として毎月販売所を訪問し、あらたな読者獲得に向けての取り組みなどを販売所長やスタッフとともに検討したり、アドバイスを行う業務にも就きます。

道新ぶんぶんクラブ事務局

ぶんちゃん

 道新ぶんぶんクラブは、道新グループと道民・読者のきずなをもっと太くしたいという思いを込めて発足した会員組織です。道内在住の18歳以上の方ならどなたでも入会でき、入会費・年会費はありません。旗揚げは2006年7月で、14年6月に会員数40万人を突破し、17年1月現在では46万3千人に達しました。

 合言葉は「学ぶ 楽しむ 役に立つ」。道内の大学と提携した教養講座、北海道日本ハムファイターズや北海道コンサドーレ札幌の関連イベント、道内各地を巡回して開催する映画会・ステージイベント、さらに懸賞・プレゼント、各種イベント、ツアーなど、多彩なメニューを用意しています。全道約2,700の加盟店(17年1月現在)では、会員証を示すと割引などの特典が得られます。

 毎月第1、第3、第5日曜日の道新朝刊と毎週水曜日の道新スポーツの「ぶんぶんクラブ ガイド」、およびぶんぶんクラブのホームページにサービスの最新情報を掲載しています。

 道内居住の会員の暮らしに活力と潤いを提供するため、日々進化するクラブを目指しています。

「道新ぶんぶんクラブ」ホームページ

販売局 社員インタビュー

営業職
釧路支社販売部
小林 瑞恵

営業職
室蘭支社販売課
水口 翔大

営業職
釧路販売部
森 香於里

―事業局

事業センター

 事業センターは、全道各地で年間約800件の主催事業を開催しています。展覧会や、北海道マラソンなどのスポーツ、花フェスタ、雪まつり、花火大会や書道・絵画・写真・いけ花ほか、外部団体との公募展など分野は多岐にわたります。これらの事業を通じて読者、道民の皆さまにコミュニケーションの「場」を提供し、地域、北海道の活性化につながることを願って活動しています。

北海道マラソン

 これまでに「ゴッホ展」「ルノワール展」「シャガール展」「ポーラ美術館展」など数多くの展覧会を開催し、道内外の美術ファンに世界の名作を紹介してきました。また、北海道マラソンには国内外から約2万人(2016年実績)ものランナーが参加し、スポーツイベントでも喜びと感動の場を提供しています。

 2012年、2014年、2016年には「札幌モーターショー」(札幌ドーム)を開催、来場者はいずれも10万人以上にのぼり道内の車イベントとしては最大規模。2018年1月に第4回の開催を予定しています。

 また、各方面から年間2,000件以上のイベント後援・協力依頼が寄せられており、これらのイベントが成功するよう、できる限りのお手伝いをしています。

出版センター

 北海道の出版文化向上と活性化を後押しする「書物の地域応援団」を目指し、幅広い分野で新聞社ならではの出版事業に取り組んでいます。

 単行本の年間刊行点数は約40点。中でもアウトドア、自然、スポーツ、観光、街めぐり、温泉、鉄道などに関する多彩なガイドブックは、道新の本の中でも根強い人気を保っています。例えば「北海道夏山ガイド」シリーズは道内の山々を6圏域別に分けて刊行。初版刊行から20年以上経過しましたが、丹念な調査と斬新で見やすい立体イラストマップで改良を続け、各巻とも重版を続けています。

 地元の人気プロスポーツ・チーム関連の本づくりにも取り組んでいます。2016年に見事、日本一となった北海道日本ハムファイターズ関連では「オフィシャルグラフィックス」と「オフィシャル・ガイドブック」を毎年発行。またファイターズ選手会が原作を練った楽しい絵本「もりのやきゅうちーむ ふぁいたーず」もシリーズ2巻を数えています。また17年にJ1復帰を果たしたコンサドーレ札幌についても毎年「オフィシャル・ガイドブック」や「写真集」を発行しています。

 ロングセラーを続ける話題書としては、置戸町のベテラン管理栄養士・佐々木十美さんが監修した「おうちで給食ごはん」(2010年刊行)が16刷まで達成。「こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち」(2003年刊行)で講談社ノンフィクション賞と大宅壮一ノンフィクション賞をダブル受賞した札幌在住のフリーライター・渡辺一史氏の第2弾となる異色の大著「北の無人駅から」(2011年刊行)も反響を呼んでいます。またJCJ(日本ジャーナリスト会議)賞を受賞した本紙連載を元にした「獄中メモは問う作文教育が罪にされた時代」(佐竹直子著、2014年刊行)も話題となっています。

 さらに鉄道本が充実しているのも特筆すべきことで、「徹底解剖!北海道新幹線」「函館・道南の鉄道ものがたり」(ともに2016年刊行)など、このジャンルだけで20冊近い刊行点数に上り、ファンの注目を集めています。

 雑誌は季刊誌「道新受験情報」を刊行。「大学・短大特集」、「高校入試データ特集」、「志望校選択の手引き」、「直前対策特集」のテーマで毎回特集ページを設け、情報量が豊富な進学情報誌として受験生や親の支持を集めています。2012年2月からは新たに「手術・治療数ランキング」「名医による病気・症状の解説」などを目玉に年刊の医療雑誌「北海道の病院」の刊行を始めました。

 多くの人の心を動かし、後世に残る本づくりを目指し、北海道にこだわった出版物は、一般書店のほか最寄りの道新販売所を通じても購入できます。

「北海道新聞社の本」ホームページへ

事業局 社員インタビュー

営業職
事業センター
赤坂 美奈

営業職
出版センター
鳥井 直史

―電子メディア局

 北海道新聞社は、紙の新聞を発行しているだけではありません。インターネットやテレビ、ラジオなどを通じて毎日、さまざまなニュース、情報を発信しています。その業務を担っているのが電子メディア局です。

 ニュースのネット配信の中核となっているのは、北海道新聞の購読者を対象とした「どうしん電子版」と、だれもが無料で見られる「どうしんウェブ」です。

 北海道をはじめ国内外のニュースを日夜発信し、道内のイベントや生活情報も幅広く網羅しています。「どうしん電子版」は地方版の全紙面イメージが見られ、朝刊と夕刊の間を埋める速報の役割も果たしています。「どうしんウェブ」は道外からのアクセスも多く、北海道の今を知るために欠かせないサイトとして注目されています。

 「どうしんウェブ」は1996年4月、「どうしん電子版」は2014年6月に開設し、2015年に二つのシステムを統合しました。スマートフォンの普及、ネットを通じたニュース閲覧の増加など、急速な変化に対応して2017年に大幅なリニューアルを行います。

 また電子版・ウェブとは別に、携帯電話やスマートフォン向けにニュースやスポーツなどの情報を発信するサービスを行っています。テレビ・ラジオ局や街頭の電光ビジョンへもニュースを提供し、動画取材にも本格的に取り組んでいます。

 一方、ネット通販サイトを開設し、プロ野球・北海道日本ハムファイターズの選手写真、北海道新聞の本やDVDなども販売しています。

 記事や写真、動画などの著作権の管理、北海道新聞の記事データベースの構築・販売も電子メディア局の担当です。データベースはネットを通じて有料で提供し、個人や企業・団体の情報収集に活用されているほか、社内で取材、編集の参考に使われています。

「どうしんウェブ」

エフショット/ファイターズ選手の写真を販売

電子メディア局 社員インタビュー

営業職
電子メディア局
渡部 ゆき

―総務局

 総務局は、社員が働きやすい環境をつくると同時に経営のかじ取りを支援する役割を担っています。人事制度や賃金制度などの諸制度を時代に合った内容に整え、企業活力を引き出すよう努めています。

 具体的な仕事の内容は多岐にわたります。稟議のチェックや渉外をはじめ、取材車の配車・運行部門も抱えているほかに採用や教育・研修、人事異動、勤務状況の把握、人件費、労使交渉などを担当します。

 賃金や福利厚生全般、健康相談やメンタルヘルス対策などを担って社員を支える業務も担当しています。

―経営企画局

 経営企画局は経営と企画の両本部を置き、経営基盤の強化と「道新ブランド」の向上のため諸施策を立案、社内、グループ会社間の総合調整に当たり、経営の意思決定に必要な財務情報を迅速、的確に提供しています。

 経営本部は、収支見通しを立てた上で各分野の目標を明示する経営計画や予算の策定、執行と実績を管理し、決算・税務の諸実務や、資産や資金管理を担当しています。道新グループ各社の業務支援も行い、連結会計資料を作成・分析してグループの総合力発揮を目指す連結経営にも取り組んでいます。

 企画本部は、創業130周年企画、スポーツ応援プロジェクト、対外広報、法務対策、環境対策、重大災害対策などを担当しています。

 北海道を元気づける企画、事業に積極的に参加し、プロ野球北海道日本ハムファイターズ、サッカーJ1の北海道コンサドーレ札幌、バスケットボールのレバンガ北海道などのスポンサー企業としてチームを応援する活動も担当しています。

 また、取材・宣伝用の小型バス「ぶんぶん号」の運行窓口となり、号外やイベント新聞発行など多角的な利用を促進し、「走る新聞社」としての機能を発揮しています。

経営企画局 社員インタビュー

営業職
経営企画局経営本部
平間 諭