RECRUIT

インターンシップ

『北海道新聞社』を知る
インターンシップ

 北海道新聞社は、新聞社の仕事に興味を持っている学生の皆さんを対象にインターンシップ(就業体験)を実施します。営業職・記者職の職種別で行い、営業職では販売局・広告局の仕事について説明するほかグループワークを行ないます。記者職では、記者の仕事や取材の現場についてお話するとともに、若手記者との懇談、職場見学を行なう予定です。
 インターンシップを通して、新聞社に対する理解を深めていただくとともに、自らの適性を知り、就職活動に役立ててもらうのが目的です。実施日程、申込方法等の詳細は以下の通りです。

■実施日
2017年8月28日(月) 9:30~17:00 ※営業職
2017年8月30日(水) 9:30~17:00 ※記者職
■場所
北海道新聞社本社(札幌市中央区大通西3丁目6)
■内容
【営業職】
◇販売の役割と業務について
 ・販売局の業務説明
 ・新たな顧客開拓のための企画づくり

◇広告の役割と業務について
 ・広告局の業務説明
 ・広告の役割について考えるグループワーク


【記者職】
◇新聞記者の役割と業務について
 ・記者の仕事・取材の現場
 ・若手記者との懇談
 ・記者クラブ見学、編集局・電子メディア局見学、質疑応答など


※内容は変更になることがありますのでご了承ください。
■定員
1日25名
■応募資格
4年制大学または大学院を2019年3月卒業(修了)見込みの方
※営業・記者両職種に興味のある方は、2日間ご応募いただいても構いませんが、応募多数の場合は当社で調整させていただきますので、ご了承ください。
■応募書類
【営業職】 参加申込書(55KB)

【記者職】 参加申込書(61KB)
(2ページあります)
※職種によって内容が異なります

【記者職希望の方のみ】 作文(139KB) (作文題=『新聞と私』、字数=800字)

※当社指定の用紙を上記よりダウンロードし、自筆で記入してください。
※両職種とも希望する方は、「参加申込書」をそれぞれご提出ください。
※応募書類はホチキス止めや、両面印刷はしないでください。
■応募方法
応募書類(営業職=参加申込書、記者職=参加申込書と作文)を郵送でご提出ください。
■提出先
〒060-8711(住所不要)
北海道新聞社 総務局総務グループ
「インターンシップ担当」宛
■応募締切
2017年8月17日(木)※必着
■受入の決定
※参加していただく方に、2017年8月22日(火)までにメールでご連絡します。
※応募が多数の場合は書類選考を行います。
※書類選考の結果については応募いただいた方全員にメールでお知らせします。
■経費
必要経費(交通費等)はすべて参加者負担となりますので、ご了承ください。
■問い合わせ 
総務グループ インターンシップ担当:
和田、澤口
電話:011-210-5511 

メールはこちらをクリックし、件名「インターンシップの問い合わせ」、本文にお名前と問い合わせ内容をご記入ください。


2016年度インターンシップ報告・参加者の声

2016年度は、8月に「北海道新聞社の仕事を知るインターンシップ」、2017年1、2月に「道新記者の仕事を知るインターンシップ」、2、3月に「道新技術職の仕事を知るインターンシップ」を開催しました。北海道だけでなく、関東、関西など全国から集まった延べ105名の大学生、大学院生が参加しました。

 

夏のインターンシップ<営業職、記者職>
(2016年8月=本社)

 営業職では、就職活動にも役立つ新聞の読み方講座の他、新聞社の二大収入部門である販売、広告についての講義を実施しました。講義では新聞社における販売と広告の役割を学んだ後、後半はグループワークを行い、販売では「若年層に新聞を購読してもらうには」、広告では「観光活性化のために新聞社で何ができるか」というテーマで話し合ってもらいました。初めは硬かった参加者も、グループワークを通して徐々に打ち解け、活発な討議を展開。各グループ素晴らしい発表をしてくれました。

 記者職では、座学のほか、現役記者3人との懇談や編集局、道警・市政クラブの見学を実施しました。懇談では、記者という仕事のやりがいや苦労のほか、「日々どのようなスケジュールで仕事をしているのか」など具体的な質問が寄せられていました。
 参加者からは、「記者の熱い思いの上に記事は成り立っていることを知った。今後は新聞記事の背景も考えながら読みたい」(記者職)、「曖昧だった新聞社の営業職についてイメージを明確にすることができた」(営業職)などの声を聞くことができました。



冬のインターンシップ<記者職>
(2017年1月=東京、2月=札幌)

 新聞記者に興味のある学生の皆さんを対象として、作文書き方講座や提出作文の講評、ベテラン記者の講演、若手・中堅記者との懇談や模擬記者会見体験、職場や記者クラブの見学など盛りだくさんの内容で実施しました。模擬記者会見体験では、限られた時間内で会見の内容をまとめ、原稿執筆をする体験をしました。ベテラン記者による「新聞記者の醍醐味」と題した講演では、日々の取材がどのように行われているのか、記者職に求められる資質などについて説明があり、参加者は熱心に耳を傾け、メモを取っていました。
 参加者からは、「書くこと・伝えることの難しさを感じた一方、面白さも同時に感じることができた」、「足を運んで自分の目で確かめる、という現場主義的なインターンシップだった」、「北海道ならではの視点で伝え続ける、という北海道新聞の魅力を知ることができた」などの声が寄せられました。



冬のインターンシップ<技術職>
(2017年2、3月札幌)

 今年はじめて、技術職の仕事に興味を持っている学生の皆さんを対象にインターンシップを実施しました。新聞社の仕事の中で、あまり知られていない技術職の仕事に対する理解を深めてもらうため、業務説明、職場見学のほか、機器操作実習、作業体験、技術職社員との座談会などを行いました。
 参加者からは、「新聞作りに欠かせない存在である技術職の仕事の理解を深めることができた」、「イメージが掴めなかった技術職に対する印象が大きく変わった」、「様々な職場を実際に見て、多くの社員と話をすることで、技術職で働くイメージを具体的に持つことができた」などの感想が寄せられました。