interview

新入社員

編集局報道センター 野村 真吾

記者職 取材当時:編集局報道センター 
野村 真吾(現職場 帯広支社報道部)

2016年入社。編集局報道センターを経て、2017年3月より帯広支社報道部。

現在の仕事は?

 本社報道センターに所属し、夏までは主に札幌圏の高校野球の取材を担当。新人ながら、南北海道代表として夏の甲子園に出場した北海高校の甲子園準優勝までの快進撃を取材。家族や応援団とともに感動を分かち合いました。秋からは警察担当になり、日々発生する事件・事故の取材をしています。なかなか気が休まる時間はありませんが、使命感を持って取材に臨んでいます。

道新の志望動機、入社を決めた理由は?

fig01

 大学3年の夏まで就職のことは全く考えていませんでした。そんな中、当時大学で勉強していた内容の参考文献にジャーナリストの方が執筆されているものが多く、「もし自分も同じ職業に就けたら、世の中の人に問題提起ができるのでは」と思いはじめたのが新聞記者を志したきっかけです。就職するなら生まれ育った北海道で、と考えていたので、道新以外の新聞社は受験しませんでした。

入社前にしておいて良かったこと、しておけば良かったことは?

 4年間のコンビニアルバイトの経験が役立っていると実感します。日常の取材では、初対面の人と接する機会が多いため、多くの人とコミュニケーションを取る経験を積んでいたのは良かったと思います。しておけば良かったと思っているのは、法律の勉強。どんな取材にも必ず法律が基盤にあります。「法学部ではなかったから・・・」と言い訳せずに空いた時間で勉強するようにしています。

今後、こんな道新社員になりたい。目標は?

 道新の魅力はなんといっても地域の人との距離が近いこと。取材先から「記事読んだよ。ありがとう」とお礼を言われたこともしばしばあります。地域の人たちの期待に応えられるよう、小さな問題にも目配せできるような記者になっていきたいと思っています。

休みの日の過し方

 お風呂に入っている時間が何よりも大好きなため、自宅から徒歩圏内にある大型サウナやスーパー銭湯に朝一で汗を流しに行くことが多いです。一度行ったら2、3時間出てこないことも。もちろん仕事の電話がかかってくれば、すぐに飛び出していきます…。

休みの日