interview

先輩社員

営業職 経営企画局経営本部 
平間 諭

2008年入社。旭川支社総務部を経て2011年7月より現職場。

現在の仕事

 経理グループの予算チームに属し、主な仕事は「予算」の編成作業です。経理と聞くと決算や資金管理をイメージするかもしれませんが、予算は一年間の収入と費用の見通しであり、目標利益を示すものです。各部署から集まる予算要求を集計し、目標利益を確保するために経費を見直すなどの調整を行います。会計年度が始まると、月次レベルで予算と実績を比較し、役員会で報告するための分析資料を作成します。経営の舵取りとなる利益計画に携わることができ、やりがいを感じます。

入社してからの一番の試練・失敗談。また、どう乗り越えたか

fig01

 日々試練です。予算は各部署の責任者と調整して編成するので、時には大先輩に疑問や意見をぶつけなければいけません。下調べを怠らず、胸を借りるつもりで自分の意見をぶつけるようにしています。

仕事をする上で大切にしていること

 各部署に積極的に足を運び、コミュニケーションを取るようにしています。数字からだけでは分からない現場の方々の考えや思いがあり、予算を調整する上で重要な情報になります。厳しい調整が必要になった場合はなおさらです。また、信頼関係なしに調整することは難しいので、経理として各局から求められることに十分に応えられるようにしています。

道新で働くことのやりがい、魅力

 職種のデパートと言われるだけあって、様々な部署があり個性的な方々がたくさんいることに驚きます。年代や部署を越えて会社の将来について語り合い、「北海道に役に立つ」という目的に向かって進み続ける面白い会社だと思います。

休みの日の過ごし方

 子どもと過ごす時間を大切にしています。繁忙期の平日は、子どもと過ごす時間がなかなか取れません。子どもの要望に応えるとスキー、プールや習い事などで休日の予定もびっしりです。

休みの日