INTERVIEW

育児中社員

記者職
東京支社編集局報道センター 
加藤 千茜

産休・育休取得にあたって

 出産予定日まで1カ月半というところで産休に入りました。着任時から所属している経済グループの先輩や上司の提案もあり、朝の通勤ラッシュに重ならないように出勤時間をずらし、取材先への移動は短距離でもタクシーを使うようにしました。夜は遅くても20時ごろには帰れるよう配慮してもらい、産休まで体調を崩すことなく働くことができました。取材先にも温かい言葉を掛けていただき、たくさんの人に支えられました。

育児休業

取得してみていかがですか?

 息子が成長する姿を毎日そばで見ることができたので、ある程度まとまった期間の休みを取得できて良かったと思っています。産休や育休は社会で広く知られており、会社の制度としても認められているものではありますが、自分が休んでいる間の欠員が補充されるわけではないので心苦しいと思うことはありました。復帰したら自分にできることは何でも頑張ろうと決め、休職中は息子と過ごす時間を大切にしました。

出産・育児を経験してみて

 1歳の息子が話せる言葉はまだまだ少ないですが、表情が豊かでコミュニケーションを取るのが上手です。月齢が低いころから人見知りや場所見知りをせず、目に映るもの全てに興味を持ち、何でも食べて何でも触ろうとします。息子を見ていると私もこんな風に好奇心旺盛でいたい、私も頑張ろうと思うことがよくあります。親が子供に与えるものよりも、子供から与えられるものの方がはるかに多いと感じています。

育休中写真

復帰後の生活

 平日は5時半ごろに起床し、朝食や着替えを済ませたら息子と絵本を読んだりおもちゃで遊んだりしてから保育園に送って出勤します。17時か18時には仕事を終え、帰宅してからは寝かしつけの後、片付けや食事の作り置き、息子の体調や成長で気になることがあれば調べ、翌日の仕事の準備をしているとあっという間に時間が過ぎます。体力的には楽ではないので、夫婦どちらか一方に負担が偏ると家庭は回らず、仕事にも支障が出ます。保育園の送迎や家事は夫婦で分担し、よくコミュニケーションをとるようにしています。
 勤務時間に制約があるため職場の先輩や同僚に負担をかける場面が少なくありませんが、働き方や家庭の事情を理解していただき感謝しています。特に直属の上司は「会社としてもこれからは子育てしながら働く記者が増えていかないといけない」と背中を押してくれました。仕事の進め方だけでなく、保育園に通い始めたばかりで息子の体調が安定しなかった時には「早く良くなるといいね」と毎日のように気に掛けていただき、温かい心遣いに支えられました。

入社後の経歴

2012年4月入社

帯広支社報道部

2015年2月

岩見沢総局

2017年3月

現職場。国土交通省を担当。

産休・育休取得期間

産休

2019年6月~同年10月

育休

2019年10月~2020年9月